紫外線対策は、ファッションからも

乾燥や老化、シワやほうれい線が濃くなったりと何かと、お肌に影響のある紫外線ですが、紫外線を防ぐために、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりと帽子をかぶったりとだいたいのことはやっていると思います。
それでも、さらに紫外線を防ぐには濃い服を着ると良いんだそうです。 洋服を着ていても、紫外線はすり抜けて肌にも届きます。白など薄い色は紫外線を通しやすいですが、黒などの濃い色は紫外線を通しにくいです。外出する時などは濃い色の洋服だと紫外線を通しにくいということになります。

でも、夏場とかはどうしても白などの薄い色の方がさわやかだし、見た目にも涼しくて良いですよね。紫外線対策の洋服には、UVカットウェアなどもありますから、そういったものも使うとより紫外線対策に役立てそうです。
さらに、目にも紫外線対策を。目にも紫外線が入ってくると、脳がメラニンを作る指令を送ることから、UV加工をしているサングラスをすると良いそうです。紫外線対策はほんとにたくさん対策がありますね。
女性は本当にカッコよくサングラスをしている人を頻繁にみかけますよね。反面、男性でそういう人って少ないというか、男性がサングラスしているとカッコいいというよりどこかすかしている印象を受けてしまうのは私だけなのでしょうか?

黒い乳首にサヨナラ!

黒い乳首に悩んでいるという女性はかなり多くいるのではないのではないでしょうか?

そもそも、乳首が黒くなる原因としては、遺伝的なものも勿論ありますが、根本的な原因はズバリ「メラニン色素」です。

乳首は人間の体の部位の中でも特に敏感な部分です。

そのため肌を強くするためにその効果を持っているメラニン色素が多く分泌されてしまって、乳首が黒くなりやすくなってしまうのです。

というわけで、結論としては乳首 黒になる事を避けるためにはこのメラニン色素が分泌されてしまうことを避けて行くようにしていくことが大切なのです。

メラニン色素の発生源である基底層は、角質層よりもさらに深いところにあります。

そのため、美白クリームを利用するだけでは乳首の黒ずみを改善することは難しいのですが、最近ではメラニンが作られる前にメラニンの元となっているメラノサイトが活性化してしまう前に動きを阻止する事のできる美白クリームもあるので、是非試して見るといいですよ。

他にもバストアップマッサージをすることによって新陳代謝がよくなって、メラニン色素の排出も促していく効果があります。

こういったことを実践してみれば貴方の乳首もきっとピンク色になるはずです!是非試してみてください。

英語話せる

多少、英語を習ってきたり、英会話教室に行ったりしたから、話せる・・というか簡単な会話くらいなら何とかできそうです。
でも、書くのは無理ですね。英語をしっかりマスターできてないと無理かも。

単語を言えたとしても書くと間違えちゃうかも。今思えば、簡単なんだけど、よくスペルを間違えていたのは、「Teacher(先生)」と「eraser(消しゴム)」を覚えるのが大変でしたね。
Teacherは、テアチェアールと覚え、eraserは、エラセーと覚えた。でも、これって英語を覚えてませんよね。読めるけど、書けないんですよね。

文章もそうですね。単数形の「a」とか忘れちゃうし、過去形・過去進行形などそんなのとっくに忘れちゃっているからね。話す時は、なんとなく伝えることができるけれど、書くと全然伝えられないだろうなぁ。
英語をマスターって話せるだけでいいわけじゃない。それが仕事で使うとなるとなおさらですよね。

英語学習の道には終わりがないですよね。英語が話せる人でも、日頃から英語リスニングに触れるようにして努力を怠らないようにしている人が多いですからね。
だって、契約書にサインをする時に契約内容が全く分かんなかったら、サインできないしね。話すことに慣れてきたら、書くこともできるといいね。

スキンケア用品はライン使いかアラカルト使いか

スキンケア用品を選ぶ時にブランドを揃えるのがライン使い、こだわらずに組み合わせるのがアラカルト使いです。どちらが良いのかは肌の個性はもちろん、普段のメイクやスキンケアの方法によっても違ってきます。

色んなアイテムを使ってメイクもバッチリな人にはどちらかというとライン使いが向いているように思います。理由はブランドが同じだと目指すところが同じだから。逆にメイクもケアもお手軽派でアイテム数が少ないならアラカルト使いもしやすそうですね。

気を付けなくてはならないのは、ライン使いの場合肌にトラブルが現れた時に見限る潔さを持つことと、アラカルト使いの場合成分を良く知って使うことだと思います。

最近はオールインワン化粧品もあるのでライン使いもアラカルト使いも気軽にできるようになっていると思います。化粧品自体はライン使いで相乗効果を期待できるものも多いですが、他のブランドのものと混ぜたからといって化学変化が起こるようなことがないように作られているそうです。
万が一その可能性があるときは注意書に必ず書かれていますので、どのような場合でも使用説明書を読むようにすれば大丈夫です。色々工夫して自分にあったアイテムと出会えると良いですね!