英語話せる

多少、英語を習ってきたり、英会話教室に行ったりしたから、話せる・・というか簡単な会話くらいなら何とかできそうです。
でも、書くのは無理ですね。英語をしっかりマスターできてないと無理かも。

単語を言えたとしても書くと間違えちゃうかも。今思えば、簡単なんだけど、よくスペルを間違えていたのは、「Teacher(先生)」と「eraser(消しゴム)」を覚えるのが大変でしたね。
Teacherは、テアチェアールと覚え、eraserは、エラセーと覚えた。でも、これって英語を覚えてませんよね。読めるけど、書けないんですよね。

文章もそうですね。単数形の「a」とか忘れちゃうし、過去形・過去進行形などそんなのとっくに忘れちゃっているからね。話す時は、なんとなく伝えることができるけれど、書くと全然伝えられないだろうなぁ。
英語をマスターって話せるだけでいいわけじゃない。それが仕事で使うとなるとなおさらですよね。

英語学習の道には終わりがないですよね。英語が話せる人でも、日頃から英語リスニングに触れるようにして努力を怠らないようにしている人が多いですからね。
だって、契約書にサインをする時に契約内容が全く分かんなかったら、サインできないしね。話すことに慣れてきたら、書くこともできるといいね。